Profile

6/28/2011 「チャリティーランチタイムコンサート」
またまたですが・・・・ご無沙汰しております。パソコンが立ち上がらなくなって更新できていません。直す時間もいまのところなく。。。

さて、7月3日はいよいよ歌い手のお2人とリサイタルです。それに先駆けて先週24日にトラストシティランチタイムコンサートに3人で再登場してまいりました。ご来聴くださった皆様、本当にありがとうございました!今回もまた私たちと一緒に盛り上げてくださる素晴らしいお客様方に囲まれ、オフィスのロビーとは思えぬ異様な盛り上がりを見せ、足の踏み場もなくなりそうなほどのお客様に足を止めていただきました。森ビルの方々から深々と頭を下げられ感謝されてしまうほど。えっへん!



微力ながら、元気な3人組のパワーで少しでも日本をを明るくしていけたらと願っています。最近動画も撮れるICレコーダー買ったので今後は良い音質の動画もアップしていきます。リサイタルは更にてんこ盛り。音楽好きの方にも、お芝居好きの方にも楽しんでいただけるような演奏会にしたいと思います。



6/14/2011 「メトロポリタン・オペラ凱旋公演」
こんにちは!終わらない航海日記からまた脱線してすみません。ここのところ7月3日の豪華絢爛のステージ(笑)の準備と稽古や(実はゴウカケンランの前に、同じメンバーで6月24日(金)にも無料のミニコンサートがありますのでお近くの方は是非。)、オペラのキャストオーディションが立て続けにあって伴奏が立て込んでいたりと、なかなか忙しい毎日です。

合間を縫って友達の子供を連れて三鷹のジブリ美術館にも行きました。



平日でもものすごい混みっぷり。美術館で出会った景色は心の中にしまっておいて欲しい、というジブリ意向で中の様子は撮影不可です。屋久島の白谷雲水峡に「もののけ姫の森」という看板が昔あったけどジブリに怒られて撤去した、という話を思い出しました。いま期間限定で大人も乗れるネコバスがいます。ふかふかの座席にテンションあがりました!

さて、タイトルのメトロポリタンオペラですが、原発事故を受けて大幅なキャスト変更があったものの、大変ありがたいことにニューヨークから総勢350人で来日、連日素晴らしい公演で観客を魅せております。代役でも今をときめくスターが揃ってしまう世界最高のオペラカンパニーです。ヴェルディの傑作「ドン・カルロ」を鑑賞しましたが、主役にマネス音大の後輩の韓国人が抜擢されて驚きました!声楽科の大変充実した学校だったので、学校のオペラ発表もかなり見ごたえのあるものだったんですよ。ヨンフン・リーさん、素晴らしい声でした。

今週末は「ランメルモールのルチア」でコロラトゥーラの女王・ディアナ・ダムラウを初めて聴きます。どんな時も完璧で凄いと噂のダムラウの「狂乱の場」を楽しみにしています。



6/5/2011 「屋久島」


怒涛の本番ラッシュで更新が遅れていますが、気を取り直してふじ丸航海記を続けます。5日目は屋久島、朝の6時に宮之浦港に着岸。

この6月にもぱしふぃっくびぃなすで屋久島に来る予定だったのですが、残念ながらクルーズ自体がなくなってしまったので、ちょっと気合を入れて山を歩こうと決心していた今回の屋久島です。朝ごはんで一緒になったベテランのダンスバンドの皆さんはレンタカーを借りたり、釣りに行くとのことでした。さすが旅慣れていらっしゃる。

実はわたし、筋金入りのジブリ好き。なのでもののけ姫の舞台となった白谷雲水峡のトレッキングはどうしても外せなかったのでした。雨上がりが一番キレイと言われる屋久島で、ちょうど雨上がりの深い霧に覆われた森に入ることができました。歩きながら小雨が降ったり、時折日差しがあったり、森も色々な表情を見せてくれました。コケを食べるヤクシカが神がかって見えます。


もののけ、いっぱいいましたー!


こだまもいましたー。嘘。

これまでひとり旅や現地密着型の旅ばかりしてきた私がこのようなツアーで集団行動するのは珍しいことなんですよ。山のガイドさんから島のことや屋久杉や植物の説明を受けたり、皆でおしゃべりしたりお弁当を食べながら歩くのもなかなか楽しいものですね。





皆で歩くことによって認識したこともあります。山やスギたちだけでなく、この地球上の生命はみな繋がっていて、共に呼吸をし、助け合い、知恵を分け合いながら生きているということです。人の人生もそうだし、山と木々が創りだす自然こそが最大のアンサンブルだった。木からつくられた楽器を奏でるトリオで一緒に登ったことで3人の絆も深まったし、これから一緒に音楽を奏でていく上で、目には見えないけれど確実に変化があることでしょう。



ひとから「屋久島に行かない人生は所詮それだけの人生」と言われた意味がやっとわかりました。近く、再訪して縄文杉を目指したいと思います。

さて、船に戻るといよいよ下船する神戸に向けて出港です。最後の夕飯はとても豪華でしたよ。



食事のあとマジックショーを鑑賞し、それでもまだまだ終わらないのが船旅でございます。わたしたちトリオは盆踊り大会で浴衣を着て踊るという任務が。演奏がない日だからって気は抜けないのです。



このとき筋肉痛がすでに........
船の揺れで立つことすら困難な盆踊りでした。笑

続いてスタッフのフェアウェル・パーティー。「お疲れ様でした〜」と皆さんが挨拶するなか、わたしたちトリオは神戸下船前ギリギリにもうひとつコンサートを控えております。ほどほどで切り上げて就寝。(つづく。)







                                         →2011年5月